×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ふぉっくす紺子ちゃん」は2006年12月から、PCパーツブランドFOXCONN製品の日本国内での販促に用いられたマスコットキャラクターです。

狐耳としっぽを持つ妖精という設定でFOXCONNロゴマークがデザインされたポロシャツを着用。天然だけどSの顔をときおり見せる、そのしおらしい外見とはギャップのあるキャラクター。

火の魔法が使えるけど、まだ魔法が未熟。妖精の国のPCパーツ店で働いている設定です。

2006年12月9日にキューブ型自作PCの販売で、マニュアルにイラストが初登場。大きいポロシャツを羽織った姿が描かれ、XXXLサイズのポロシャツが付属しました。

2006年12月28日には紺子ちゃんのイラストカードが封入されたFOXCONNビデオカードが発売。

特定のビデオカードに特定の絵柄ではなく、イラスト全6種類のうち、一枚がランダムに入っているという仕組み。

そのうち1枚はシークレットの絵柄として当時公開されておらず、(おやすみ中の絵柄がシークレット)ユーザーの楽しみを考えつつ販売されました。

その後、作者の永野つかさ氏のサイトで漫画などが描かれています。

2008年4月からは(株)グローバル カートゥーン(Global Cartoon Co,.LTD)主催の携帯待ち受けサイト、「みんもえ」(旧「みんなの萌えっ子タウン」)でで待受画面やカレンダーが単独キャラとして販売中!

2008年8月1日には週刊アスキー増刊号「PCパーツキャラクター大全」にも掲載されました。

今後はグッズの販売も企画中!
このサイト上で活動は続いていく予定ですので、いつかまたPCパーツ店舗にひょっこり現れるかも知れません。

そんな子ぎつね妖精、紺子ちゃんの活動を見守ってくださると嬉しいです。